円山公園と円山動物園について

札幌には円山公園と札幌市円山動物園という施設が用意されています。どちらもほぼ隣接している施設になりますが、札幌市の中心部から西側に位置しているもので、移動は徒歩でも不可能ではありませんが、一般的には地下鉄を利用して移動することが行われています。
 
札幌市円山動物園に関しては、大きな駐車場が完備されているために、自動車でも比較的入りやすい環境を持っています。円山公園は札幌市の中でも特に有名な公園として認知されていて、その理由としては道内でも最大級の規模を持っている神宮の境内と隣接していることにあります。年中通して 続きを読む

北海道大学

北海道で一番有名な大学というと、その名の通り、国立の北海道大学を挙げることができます。北大は、旧帝国大学にあたり、歴史ある学校で、今でもかなり勉強のできる状態でなければなかなか入試を突破することができないような難関校です。場所としては、札幌駅からも徒歩圏内にあり、広大な敷地に緑あふれるキャンパスがあるのです。

その周辺には、札幌の大通公園やテレビ塔、北海道の道庁、時計台など、いろいろな観光名所もあり、歴史を知ることが出来たり、新鮮な海産物やジンギスカン、ラーメンやスープカレーなどの美味しいものを味わうことができるグルメ天国でもあります。その中でも、時計台はもともと北海道大学の前身の札幌農学校の演舞場の建物でもあるのです。
続きを読む

札幌の代表的な観光スポットである雪まつり

札幌の代表的な観光スポットとして有名なものが、雪まつりではないでしょうか。
  
毎年、会場である大通り公園が、たくさんの観光客でいっぱいになるでしょう。雪で造られる像が珍しいことも、人気の1つではありますが、自衛隊の皆さんが長い時間をかけ、細かいところまでも彫り上げた、雪でできているとは思えないほどの繊細な造りも、魅力の1つではないでしょうか。
  
札幌雪まつりのテーマは、毎年注目を浴びた話題などから取り入れられているでしょう。例えば最近では、オリンピックの開催地が東京に決定しましたが、その時に注目を浴びた、滝川クリステルさんのおもてなしの姿が、雪像となりました。ですので、札幌雪まつりを見て、その年に話題となったことなどが、わかることもあるでしょう。
続きを読む

札幌に初夏の訪れを告げるさっぽろライラックまつり

今では札幌市内のどの家庭の庭先にも見られるようになったライラック。元々は1889年に北星学園の創始者サラ・クララ・スミスが故郷アメリカから持ち込んだのが始まりで、1960年には市民投票により「札幌の木」に制定されるほど市民に愛される花となっています。
  
そのライラックが咲きそろう時期に初夏の訪れを告げるものとして1959年から行われているのが「さっぽろライラックまつり」です。毎年5月中旬に行われ、札幌市内の大通公園と川下公園を会場とし、さまざまなイベントや展示、コンサートなどが行われます。5月の札幌は長い冬を終えようやく屋外での飲食や散策を楽しめるようになる時期でもあり、さっぽろライラックまつりは市民も毎年待ち望んでいるイベントです。
  

札幌は素晴らしい街です。シーズンを通して日本国内や海外から観光客がたくさん訪れます。またビジネスや勉学のために引越してくる人も大勢います。そんな時には引越し 札幌 安い業者を利用しましょう。

続きを読む

札幌の初夏を彩るYOSAKOIソーラン祭り

毎年6月上旬に札幌市で行われる「YOSAKOIソーラン祭り」は、高知県のよさこい祭りと北海道のソーラン節をミックスさせた、札幌の初夏を彩るユニークなダンスイベントです。1992年に10チーム・1,000人の参加者でスタートしましたが、今では海外からの参加者も合わせておよそ300チーム・約3万人が参加し、観客は約200万人も訪れるビッグイベントとなっています。
  
YOSAKOIソーラン祭りのメインステージは大通公園西8丁目会場。他にも札幌市内に20か所以上ある会場で演舞コンテストが開かれます。ルールは手に鳴子を持って踊ることと、ソーラン節のメロディを取り入れること。また1チーム150人以内とし、4分30秒以内で披露すること、とされています。各チームそれぞれに趣向を凝らした華やかな衣装やメイク、 続きを読む